THE HANGOVER

いっつももう飲みたくない、、、

夕方までツラい、、、

もう酒なんて見たくもないわ、、、、

と毎回思うのに、なんで好きなんでしょう

そんなアル中予備軍のAFTERS DRINKING TEAMの皆様、TEAM Tができたよ

お酒は二十歳になってから

みんなの奥さん、彼女さん、パートナーさん、バカな男たちの二日酔いを、どうか許してやってください

二日酔いの日はこれを着てね

みんな好きなわけじゃない

今は、何処にでも売ってなくて、尚且つ作ったやつが直接伝えるモノがカッコイイと思う

ウチのEastさまさにそうで、AFTERSSTOREでしか販売していない

でも、決して皆が皆、イイと思っているわけではない

またスウェットかよ、と思っている人もいるだろうし、全くお店でも見ない人もたくさんいる

だけどウチのそういったやり方を支持してくれる方々の想像をさらに超えていきたいと思っているし

いつか全く興味の無かった方に届けばいいなと思っている

老若男女、みんながこの服を着て生活したら、relaxしていいなあ とか割とマジで思っている

作っている人がそう考えるのは、とてもシンプルで当たり前の事だ

DEVISE FACTORY

classicharvestを生み出すDEVISE FACTORYさんに打ち合わせ&内見会に







新企画もドシドシ進行させていただいてます

いつもありがとうございます

どうぞお楽しみに

✴︎


昨日は19時頃京都過ぎた辺りで新幹線が立往生

もうちょいだし着くわ〜 と軽い気持ちでいたら、いきなり停電

復旧のめどたちません、とのアナウンス

反対車両に移って京都に戻りますと

参ったなー

と思ってたら、やっぱり新大阪いけそう、とアナウンス

やったー

と思ったけど2時間後くらい、との事

結局動いたのは夜中1時近く、、

ホテルに着いたのは3時近く

なかなか出来ない体験だったけど、乗務員さんは大変だなあと思った

数時間かかっても復旧しちゃう対応力は凄いなあと感心しながら、長野に帰ります

ああ疲れた

しかしいい話し合いが今回も出来て良かった

洋服作りに

大阪へ

打ち合わせに行く

色々たくさんやっていても、変わらないのはお店に洋服を並べること

やり方が少し違うだけ

多分次回もめちゃくちゃイイ


マスメディアにまどわされないで


我信じるものは我のみ、な感じで楽しみながら頑張ろう

jean

GMが連れてきてくれたフランス出身のジャン

東京にいっちゃうそうで最後のフットサルだった

いつもガーッとやってバーッと帰って終わるけど

こういう体験も素晴らしい

また何処かで

ジャムも出たし

チーズと合わせるとホントうまい

次は夏酒、新作T、デニム

まだまだ沢山やる

ジャム

AFTERS DESIGNからりんごジャムが出る

ほんと美味しいので是非食べてもらいたい

デザインがどう、味がどう、リンゴがどう

というスペックの話も大切だけど、それより何より、世に放たれる事が大切

そう、とにかく自分達がいいな!というものを様々な人の協力の元、出すのが大事だ

是非血糖値上げて下さい

テクノロジーと洋服屋

昨今、どんどんロボットによる効率化がいろんな分野で起こっていて、毎日様々なニュースで目にする

そしてこの10年で無くなる仕事10選!!

なんて特集などが目につく

そんなこと言われたってじゃあ俺の仕事無くなるから違うのにしよ〜 というわけには、そう簡単にいかないのが普通

気にしたってしょうがないんだけど、AMAZON GOやAMAZON Dashが出てきたり、最近だとアパレル大手のURBAN RESEARCHさんの「店員さん声かけないで買い物バッグ」が出たりしてるから、やっぱり着々とロボットやビッグデータによる流れが出てきているのは感じるし

普通に「すげー!」とか思う

声かけないでバッグは、まだどんな結果なのかはわかんないけど、好評らしい

これはAIというより、UNIQLO筆頭にファストファッションのお店では基本的に声をかけられない、そっちが明らかにメインになったこの時代に、お店に入ったらガッチガチに接客されるのは嫌だ

という所からもきているのだろうか、だとすれば、やはり消費者の購買データにより蓄積されたデータの中で買い物をしていることには変わりなく、これもテクノロジーによるものなんだろうと思う

それがもしこの10年で当たり前になったとしたら、自分はどうなるかなぁ と想像したら、田舎にある知る人ぞ知る、変わり者名物ジジイが立っているお店、みたいなのになるしか、というかなっちゃうと思った

洋服が安くなって、もっと買いやすくなって、価格が下がれば、市場規模はもっともっと下がって、そのうち店員さんは効率化のためにどんどんいなくなって、ほんとにAIがGOかDASHしてくれればいいという未来しかない

今は誰もがスマホを持っているので、自分×i phoneで人と接している

それ自体、すごいことだけど もう自分の脳みその中の情報は一つ残らずgoogleの中に入っている

だから「自分+google」が俺のような

だからまだgoogleさんが脳みそにインストールされていない自分の親や、じいさんばあさんと会話することが、もう難しくなってきている

あと数十年したら、生まれつきスマホがある生活の人しかいなくなるし

それ自体、人間の進化みたいな感じだ、なんかかっこいい〜

話は戻るが、でもそうなったら、洋服屋さんの店員さんがかつて「すごい!」と言われたような「洋服のうんちくや歴史」、そして「かっこいい着こなし方」という情報はgoogleさんが全部持っている、というか今まさにそうなっている気がする

だから店員さんは必要なのか??

と思ってしまった

でも自分は10年で無くなると言われても、無くなって欲しくないタイプなので 笑

じゃあ必要とされる店員さんになるには何が大事なのか?などと悶々と考えていたら

洋服を好きになるきっかけや、カッコイイという感覚を与えるのは、出来る、というかそれしかないかと思った

自分たちは色々やったことない事をやってみているのだが、多分僕は、10年前のままの自分の価値観で、自分が仕事をしていたらとっくにやっていないかったと思う

10年前に死ぬほど憧れた原宿の洋服はもう無くて、自分がじゃあもっと好きになっちゃうような、興奮するような事を見つけないと終わっちゃうからだ、という事に気づいた

だから自分自身が、洋服が好きで、これいいな、これヤバイな、と思い続けられるように、自分で無意識に新しい事を探して、見つけたり、作っているという事だった

自分がこのファッションをさらに「好き」になるために「いろいろやる」

そしてお客さんにそれを楽しんでもらえたら最高だと思う

それが自分の中ではAIにとって代わらない、店員さんの仕事かなぁと

近々だすジャムも、週末出したMADE BYのKWMシリーズも、

仲間と作る洋服も

本当にめちゃくちゃカッコイイと思う

 

だからいつもお客さんにも言うのだが

うちの洋服は、俺が一番好き!

と言っている 笑

AFTERSはちょっと規模の大きい個人売買みたいだ

僕と松モッティの感性の割合がとても大きいので

今日もDESIGNのお話に興味を示してくださったお客さんが来てくれた

全力でいいものを作ろうと思う(松モッティが)

 

 

MADE BY KWM

バスアングラーのKWM(キワム)とMADE BYした

このプロフィールにあるように、もともとスケーターで、もっといえば高校生の頃から知ってた

彼の兄貴とも長い仲だ

声をかけた理由はカッコイイからで、

この好きな事にたいして、真っ直ぐすぎて、なんの曇りも感じないその姿勢が魅力すぎる

ビジュアルも相当かっこいいけど

例えば仕事でも、趣味でも、何かをしようとすれば、もともとある常識や、「良し」とされる中に引っ張られていくのが世の常

そこで悩んで、本当は、本当は、自分はそうじゃないのに、みんながイイと思う方へ行くのがイイのだよ、と教育されて生きてきた僕らのなかで

彼のような自分の価値観を信じてやまない人間はどうしたって魅力的だ

AFTERS MADE BYの企画で、感じて欲しいなと個人的に思っている事は、そんな人も沢山いて、その姿勢に触れて欲しいなと思っている

そんな情報が、見てくれている方々の、日々の生活や、何かやってみよ!という活力になったら最高だと思う

海外には住んだ事もないし、住みたいとは思わないが

沢山情報が入ってくるアメリカで

とにかく個人を尊重する文化だけは、最高だと思う

その人が成しえた功績に対してだけではなく、その行為が素晴らしいかどうか、という考え方をしっかり持っているんだと感じて、素晴らしいなぁと思う

こういう人間がいて、「仕事はどうするの?」「結婚は?」「イイ年して、、、」

じゃないですね

「かっこいいね!」「俺もやるぞ!」「素晴らしいね!」

と、言える人間でありたい、AFTERS

nothing is impossible

街の洋服屋さん

昨日はe&eのトシと次の企画の打ち合わせ

先週発売した人気の帽子が、ちょっとサイズが大きい方がいた

それを4cm縮める事にした

来週その方は旅行に行くのに、かぶりたいなあとおっしゃってて

それを伝えたら

昨日の深夜一時過ぎに、トシから「出来たよ」と連絡が

漢だ

いつか自分は

街の洋服屋さんに、いつかなれたらいいなと思っている

シンプルに、そういった事が出来る形を作りたい

またその帽子で行った旅行の話を聞かせてもらおう


息子も似合ってる

今日はランドセルを見に


阿部家のゆずちゃんダッコさせてもらった

最高、、、阿部ちゃん、あずさありがとう