AFTERSは

アイデア出す奴と、デザインする奴と、縫える奴と、動ける奴と、webできる奴と、野菜果物作る奴と、カワイイ子がいれば 爆

最高だと思う


今日も最高な人に釣りにスノーのビンビンな話が聞けたし

下氷鉋シャツを一緒につくったある意味変態な奴と、ビンビンな話ができたから

最高な1日だった

こういう日が1日でも沢山あると、幸せな人生なんだろう

人間はもう裸で生活するわけにはいかないので、できるだけ僕は吊り編みの素材を感じながら生きていたいので、そろそろゴムが伸びたUNIQLOの寝間着を捨てようかと思う

安いけど気持ちよくないから

BRAND

昨日発売したミリタリーシャツはあと3枚になった

スゴイ

中には、有名なブランドがお好きな玄人の方や、世界最高峰のブランドの靴などを好む、いわゆる感度の非常に高い方も買いに来てくれた

嬉しい反面

何故、そんな名のあるブランドがお好きなのに無名のAFTERSのシャツを気に入って下さったのか

今回僕は結構びっくりしている

昔は急に知名度があがったブランドの色んな人に、めちゃくちゃ嫌な事を言われたり

もうそれ、ただの悪口っすよね?

くらい

シンプルにお客さんにこれいいですよ、という事をしたいだけなのに

時代の移り変わりと、お客さんには関係ないそんな部分は、

この下氷鉋シャツには無い

自分が作っているからダイレクトなのだ

もちろんそれだけではないが、ただ単純に、そういった時に感じる嬉しさは

なかなか味わえない

松モッティのデザインがクライアントに、お客さんに喜ばれた時も同じ気持ちだろう

AFTERSというBRAND

地道に頑張ろう

予約して下さいと言ってないのに

明日発売のAFTERSのミリタリーシャツ

既に初回発売予定の枚数が予約で終わりそうになってきた

僕は昔から予約とかが好きじゃない

なぜなら、ブランドの展示会に行って、カタログを持ち帰り、お客さんが見て予約

そして入荷するまでお店に来ない

しかも取りに来ないなどの、バックレトラブルもある

そんなの誰もイイ感じじゃない

しかもお店と販売員のアイデンティティは皆無だ

(これはブランドさんを否定しているわけではないので悪しからず、ブランドさんがあるから自分達のお店があるので)

だから自分から予約を勧める事は全くしていなかったし、ガマンした

classicharvestEASTの洋服も、発売するまで情報はあまり出してこなかった

しかし全部完売

そして今回のミリタリーシャツ

長野で作ったミリタリーシャツ

信頼している仲間と作るから、時間はかかっても、外注で作らなかったし、縫ってくれた仲間のボロボロになった手を見た時は、、
そんな感じのシャツ、やっぱりクオリティもバッチリ👍 着て、洗って、試して着ていたら

「りょうくん、それ予約出来るの?」

と、言われた

うん、全然いいですよ、

と言いながら、予約したいのかあ

と思った

そう言って下さる方が他にもいたので、blogにも書いた

ん?予約?

俺昔から嫌いだったハズだけど??

とふと思ったが、

そりゃあ発売前の、僕らが気合い入れまくりの洋服を店頭で着てたらそりゃそうだと

でも、ちょっと違うのが

予約して下さった方々は、いつもお店に来てくれるし、ある意味応援して下さっている方々だった


それなら全く問題ないなあ

と思った、ここ数日でした

仲間のトシノリも大変喜んでるでしょう

もし何年も着て、破れても、僕とトシノリが生きている限り、ずーっとリペアし続けるので遠慮なく👍

皆さんありがとう

まだ発売してないけどw

東京→大阪

富士山とかデカイなあ

とか思いながら

急遽東京出張から大阪まで


半端なくお世話になっているclassicharvestさん達に会うためだけに


本場のお好み焼きってハンパない!

うますぎ!

大阪、ちょくちょく来ようと思う

とにかく、いい夜だった

絶食系

絶食系

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDZ13HMX_T10C17A1000000/

絶食系の人達のせいでアパレル不況だと書いてあった

絶食系の人に失礼

絶食系と言われてる人の方がこれ書いた人より遊ぶ方法沢山ある時代の人だと思うが

服買うか飲み行くしかなかった時よりよっぽど楽しくていいと思うし

自分は何系なんだろ

興味ないからいいか

classicharvestをネットで

classicharvestという吊り編み機で編まれた洋服がAFTERSで人気だ

最近は自分企画のclassicharvestEastという別ラインも展開している

このブランドの最大の特徴は、言語にしづらいので難しい

しかし言うなれば、スウェットを着ると、どうもまるっとツルッとしてしまう

だけどclassicharvestのスウェットはそうならない

限りなく布帛に近いスウェット

というか

限りなくスウェットっぽくないスウェットだ

classicharvestのお二方とは、とてもお世話になっている

もちろん県外で扱っているSHOPもあるが、おそらくウチの取り扱いが1番多い

そんな関係から、今後、classicharvestブランドのECによる独占販売の権利をウチが取得することになった

ネットならアマゾンかZOZOさんがあればいいと思うし、

いくらネットで安く買えたりポイントがつくからと言っても、君から買いたいんだよ!

という精神論もあるが

みんな「お得」には敵わない

自分だったらわざわざ店に行って、ポイントもつかない、割引もしてない同じものを買うなら、家で家族と過ごして子供が寝てる間にiPhoneで安くポイント付きで買う

じゃあなんでAFTERSでネット通販をやるかというと

そこに当てはまらない、なおかつ取り扱っているメーカーさんとも競合しない、自分が価値があると信じている商品を扱うからだ

触れてみる、に越したことはないが触れられない、もしくは触れなくていいんすけど 笑

というお客さんに向けての新しい挑戦

スウェットっぽくないスウェットをもっと沢山の人に届けたいと思う!

コツコツと

昼のバイキングで

たまたま今日は子供と過ごしていて

テレビをつけたら

AVの話をしていた

もうテレビもそんなことまで、お昼の番組でやるんだ

自宅ならまだしも

公共施設でたまたまバイキングにチャンネル合わせてたら、、

自分が中坊の頃だったらえらいこっちゃ

息子がまだ5歳だからなんも反応しないが

中坊だったら、

おっつ

もうそんな時代だから、綺麗なコンプラかかった事はなおさら伝わらないなあ

と思って、子供達にカレーうどんを作りました


たくさん食べてくれて嬉しかった

ママはいつもこんな気分なんだなあ

美味しい!と食べてくれるのは最高な気分なんだな

オーブンほしい

母を迎えに

母は妹のうちにしばらく行っていたので中野にはいなかったがこの数日帰って来ることに

こんな雪のタイミングでw

久々にこんな雪みた


さて今週末はmealrecordsさんでAFTERS

パーティの方ですね

仲間がDJして音楽聴きながら飲んだり話したりするだけのパーティ

よく「音楽と洋服は密接な、、、」

とか言われるけど興味ない

ここに来てくれる人たちが、たくさん買い物してるかというと別にそんな事ないし(失礼)

でもやりたいわけは、シーンがどうとかではなくて、

自分がやりたいだけ

自分はいろんな人とあまり絡まないのだけど、それは、そうする事によってある種の上下関係のような物が出来上がってしまうと嫌だからだ

それは意外にとても大事な事で、出来るだけフラットでいれる状態でなくちゃいけないと思うから

ただやっている事に興味を持ってもらって来てくれるなら最高に嬉しいが

ある種上下関係で来なきゃいけない、みたいなのはとにかく嫌いなのだ

だからそうしている

普通の飲み会みたいなパーティだけど、AFTERSというパーティ、是非来てくださいね
今非常にエスプレッソマシーンとオーブンがほしい

雪かき

「この駐車場が気に入ったんすよね〜」

「なんか色々駐車場でやりたいすね〜」

「毎日スケートしてから掃除してますね〜」
そんな陽気な自分を殴りたくなるくらい



っざっけんな!

マジキツかった 泣


これが松モッティがやったとこ


こっちが俺

性格が出ますね〜

しかし怖いこの駐車場、、、
ラーメンも、景色も、お花も、人気店の料理も、素敵な写真はそりゃ素敵が約束されてるけど

ただの長靴はいた写真にはいいね!しませんわね

でもAFTERSはそれを目指すしかないなあ

そのうち使わなくなるかもしれないし

続.ほっとパル

昨日も今日も

初めていらっしゃったお客さんに、

「どこかでウチの情報はご覧になられたのですか?」

と聞くと

ほっとパル

!!!∑(゚Д゚)ハンパネー!

本当に過去にこんなに効果があった媒体はなかった、本当に凄いほっとパルさん

今まで、何度も高額な広告料を支払い、デザイナーという人、担当、カメラマンが店舗に来て、開店時間前に店に来て、事前にmailでのやりとりもし、

モデルも使い、インタビューみたいな事をした挙句、編集されて、それ俺言ってねーし

みたいな事を経て、掲載されたけど、特になんもない、みたいな 汗

他にも、いかにも素敵な写真、企画、文章で掲載されたけど、なんもない、みたいな 汗

けど多分どこかで誰かが見ててくれてるんだろう、ウンウン

と自分を納得させるように思っていたのだが、

ほっとパルさんは、こっちで撮影して文章作って入稿しただけ

なのに何が違うんだろう?
そしたら、やっぱり圧倒的に

「見られてない」

に尽きると思った

発行部数が何万だ、設置店が何百店舗だ、

いや、それ誰も見てないから

しかしほっとパルは明らかに見られている

ポスティングだし

一度内容を見て見たらいい、良い情報ばかりだ

お店も、自分は発信してるつもりでも、誰も見てないようなもんだ

見られなきゃ何も始まらないと改めて思った

おどろおどろしい外壁の色にして良かった
看板はまだつけてないけど 爆

とにかく、やってます風な仕事は終わってるな、と思う

新しいからと取材の依頼は来るが、下手に編集されて、「素敵風」に出すなら俺と松モッティで情報出した方がよっぽどましだ

ほっとパルさんありがとう