洋服の中身

長野でこのTシャツとLUZのパンツを穿いている人を見かけて、買い物に来てくれた

バロンミヨシさんにも、このTシャツを着て沢山買い物に来てくれた方がいたらしい

権堂で、GUで、ツルヤで

AFTERSの服を着てくれている人達がいる

以前も書いたが、洋服には様々あって

ユニクロからウチのような服、しまむらからコレクションブランドまで数えきれない

大きくわけると、嗜好品か日用品かに分かれる

嗜好品=ファッションと言っても良いと思う

そしてさらに細分化していくと、モノづくりの方や、アーティスティックな方面も

大変細かい

ただ、どうしてもモノづくりの方に頭がいきやすいメンズは、縫製や生地、加工などのセールストークが増える

ただ本来、その情報は裏であって、お客さんは別に聞きたくないと思う

何番手の糸を使いました!とか

は?

って感じだ

もっともっとそういった流れが淘汰されて、シンプルになっていくと思う

街で見た、いいなと感じた、買いに行こう

寒い、買おう

カッコイイの欲しい、買いに行こう

でいいと思う

NAGANO CITYの時も、ステマか!?

とかネットでかかれたりしてたが、ロゴを走らせて宣伝したりしても

やっぱダサかったら着たくないし、買わないでしょ

カッコイイかどうかは、自分達も判断するが、やっぱりお客さんが教えてくださる

もし何処かでAFTERSの服を見かけて、お店に来てくださっても、なんかダサいな

と思ったら違うわけで

そこを頑張っている

だから余計に服のスペックや、ブランドヒストリーや、賑やかしはしない

洋服の中身は、本当に細かくなり、大きくくくろうとしたり、本物かそうでないか論争は絶えないが

もっとそれぞれ、みんな違う、かつシンプルになってきているだろうし、そうなって欲しいし

これからZOZO、アマゾンで服を買う人はもっと増えるだろうし、みんなお洒落になっていい事だと思う

何が言いたかったかというと

AFTERSの服を、そうやって着てくださっている事が半端なく嬉しい、という事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA