1年前

一年前のブログ

最近お客さんと話した事と言ってることが全く変わってない

お店を始める直前の話だ

洋服はお客さんそれぞれの最高な時間に寄り添うものだ

洋服着たから急にカッコよくなるわけじゃないし、何か変化するわけじゃない

もうすぐ一年

別に大変な思いは一ミリもしてない

ただ楽しかっただけ

2年目も来るように頑張って楽しもう

おこがましくもささやかな1周年の催しをするので、来てもらえたら嬉しいな

宜しくです

楽しい買い物

昨日は東京に出張

お取引先メーカーさんの展示会にお邪魔した

またAFTERSとしては良い商品を見ることができてとてもよかった

帰りにH&MやZARAを覗いたが

フロアに常に100人はいるだろうという大盛況お祭り状態

反して大手セレクトショップも同じくらいの売り場面積を持ってしてもお客さんは数人

ファストファッションはうんちゃらだ、アパレルはオワコンだというニュースが相変わらず多いけど、H&MとZARAにいた女性たちは、超笑顔で楽しそうに買い物している

店員さんは地獄のような顔をしているけど

ZARAの店員さんで今まで一番楽しそうで印象に残っているのは高崎店のジョンテモーニング似の店員さんだけだ

今あんなに楽しそうに洋服を買い物するなんて光景はあんまり見ないと思う

買い物は本来そういうもんだと思う

神妙な面持ちで、クリエイションやなんちゃらかんちゃらは、展示会までの世界にしておいて

やっぱお店の売り場は楽しいのが一番好きだ

市場規模はむしろ上がっていくだろうなぁと思うのも無理ない

オールジャンル、お年寄りから10代まで、そんなお店では同じ服を買うのだから

ターゲットなんてもはや無い

その点、子供からおじいちゃんまで愛用するCLASSIC HARVEST

やっぱりいいなぁと思う

昨夜出張から帰ったら、うちの親父が何食わぬ顔でCLASSIC HARVESTの吊り編みパーカーで焼酎お湯割りを飲んでいた

そんなのがいい

 

50/50

良く、買わせようとするのが嫌だ

ビジネスっぽいから

と言われる服屋さんは多いと思う

買う買わないのキャンセル問答で、昨日まで仲良しだったのに二度と来なくなる人もいる

それは避けて通れない

けど

買ってもらえる、ということはカッコイイからなのだ

カッコイイと思ってないものを、カッコイイ以外の理由で売りつけようとすると

ビジネスだ

と言われるだろう

でも店だから買ってもらわずに何すんだ

買ってもらわなくていいなら非営利なコミュニティでもやればいい

俺が1番心にとめているのが

カッコイイとビジネスは50/50だという事

どちらかのバランスが取れないだけで

ビジネスだ

とか

オナニーだ

とか言われる

でも50/50なモノは、売れてるからカッコいいんだ

もちろんウチでも、まったく見向きもしてもらえない服だって沢山ある

しかし、逆にカッコイイけど売れてない、、と嘆くモノは

実は全然カッコ良くないものだったりする

 

だから発売から1週間も経っていないけど、もう半分売れてしまったEastのパンツや

AFTERS DENIMや下氷鉋パンツも

これだけの短期間、地方の郊外の店で評価頂けた、ということで

やっと、「ああ、これはかっこいいから売れてます、と言えるなぁ」

と思う

それらをお出かけの際に、カッコイイ、カワイイと思いながら穿いてくれている人のことを思うと、抱きしめたくなる (できれば女の子がいいけど男でも)

何かを生み出す時に、ちゃんとそれが人の手に届いて(売れて)、カッコイイと思ってもらえるように努力したり、最高のバランスにするのが俺の仕事だ

それがお店であり、並べさせてもらってるブランドさんであり、自分たちが生み出す服であり、デザインである

よくお店は雰囲気だよとか、人だよとか、イベントだとか、コトだとか言うけど

本来の商店としての概念が変わっていると思う中で、そんな外側の話だけじゃなくて

場所って感じがする

例えば山や海や家や学校や職場などの「場所」はそこにいるだけで、自分がその場所でしか考えない思考などがあると思う

俺は山登りしないけど、山にいる時にしか考えない、感じない事は沢山あるだろうし、海にいるのに山の事は考えないだろう

家にいるのに、AFTERSの事なんて考えるお客さんはいないと思うし

ただ、AFTERSに来てもらっている時は、いろんなAFTERSの情報を元に思考して、生活の一部に寄り添えて入られたらと強く思う

要はその場所でないと成立しない事が沢山あるのだ

店は場所って感じだ

それだけを、白子のような小さい脳みそでウンウン考えている

店にその力がなくなってしまえば、POP UPしまくるしかないんだろう

また何かいてるかよくわかんなくなってきたからこの辺にしておいて、今日もカッコイイ洋服をみなさんに届けられたらと思う

 

 

東北 MY ROOTS TOUR

水曜日の朝早く、岩手に向かって出発

うちの親父は山ノ内町出身、お袋は岩手出身だ

じいちゃんばあちゃんが亡くなってからは岩手には、もう相当行ってなかった

言い出したのは自分で、母親を岩手に連れて行こうと思って数ヶ月前から決めていた

なかなか歳もとってきているし、簡単にひょい、と行ける距離ではないので

それと、自分の中で何かここ数ヶ月で考えることが多かったことも手伝っての事だった

山ノ内のじいちゃんばあちゃんにも会いに行って、次は岩手のじいちゃんばあちゃん、おばちゃんに会いに行こうと思って

途中寄った会津磐梯山はかっこよくていい感じだった

片道555キロを走って、見覚えのある摺沢までついてお墓まで

大震災でお墓が倒れたりしていたとは聞いていたが、やっぱり少し影響はまだ残ってて

実際、やっとこれてごめんよって思うとジワジワきた

そして報告をちゃんとした

子供の頃の夏休みによく渡った踏切はそのまんま

おばちゃんにも20数年振りに会って泣きそうだったけどきてよかった

そのまま気仙沼に宿泊

お袋は生まれ故郷が大変な事になって、当時しばらくのあいだ落ち込んでいた

でも新しい橋ができたんですよ、とか宿泊先の人に聞いたら、なんとも言えない、気持ちが高揚する感じだった

普通はこんな値段で食えるはずの無いアワビを食って

めちゃくちゃ嫌いなホヤも、わさび醤油でいったらイケた

歳をとったのだろうか

地元のお酒もいただいた

翌朝早く、目の前にあった市場を見てから帰ろうと

2回の窓の付近に貼ってあるプレートが、ここまで水がきたという印

魚全部美味そうだった

 

特にハッキリとした理由は無いのだが、自分のルーツに実に久しぶりに触れる事ができたのでなんかバチッ!ときた

三木道三が、おかーさんおとーさん、何の為に命はもーたん

と言っていたが、それを今一度、確認するような感じ

そう考えると、やっぱり人間が頭で考える事をすでに教えとしているものや、歌になっている面での芸術や音楽ってのは、いいですねぇ

 

AFTERSのサイトもこのBlogも、自分やお店を知ってもらう為に書いている

今は情報がたくさん、毎日膨大な量の情報にまみれ

そんな中、こんなお店や僕の出す情報を見てくれるなんていうのは、なんて皆さんもの好きなんだ 笑 と思うくらい

その情報を知ってもらう為に、編集するとか、その情報を出す理由、だとか

それを、わかる〜シェアします

っていうのがどんどん増えていて、あんまり見たくはないなぁ

と思っていた

ここでの情報は、お客さんとのコミュニケーションの一環に過ぎ無い

一人のお客さんと半日でもお話しできるなら良いが、そうはいかないので

こういう情報を出して、たくさんのお客さんと話をしている感覚だ

お店というのはOPENなのだが、ある意味矛盾したClosedな感じ

もっと直感的で、何の為に命はもーたんか考えながらお客さんに楽しんでもらえたらと思う

疲れたけど、よかった行って

 

 

HEAVY D PANTS Ⅲ

classicharvestEart

AFTERSがデザインするclassicharvest

色々出してるし、今日もパッチワークパーカー着てるし最高だが

やっぱりEastのイメージをグッと持ち上げてくれたのがこのパンツ

AFTERS DENIM、下氷鉋パンツも爆発中だけど

HEAVY D PANTSのカッコよさも半端ない

綺麗、カッコよさ、耐久性、男らしさ、ストリート、ありとあらゆるエッセンスのバランスが我ながら最高だと思う

進化はやめないので終わりはないが

毎回最高でいたい

お待たせいたしました!みたいなセリフはアパレルスタッフっぽくて嫌いだから言わないが

ホントに問い合わせして下さったお客さんには

スイヤセン!けど最高です!

って感じにしよう

間も無く

FC AFTERS連勝

今日は長野市フットサルリーグのAFTERS年内最終試合

2試合あったが2連勝!

めちゃくちゃテンション上がってこれからお店

GMがついに目を覚ました感じ

全員キレキレだった

いやー 最高

仲間に感謝

年末忘年会マストやりましょうね

スポーツはいいねやっぱり

自転車

息子が誕生日になるので何が欲しいかと聞いたら自転車とウルトラ怪獣

じゃあ13-vanguardに行こうと連絡したら丁度好みのが入荷したらしく即購入

いーなー 新しい自転車

まだ全然乗れないからこれから練習だ

興味持ってくれたら嬉しい

皆さんも子供の自転車は13-vanguardさんに行ってね、紹介しますから

カッコイイのありますよ

Too fast to live , Too young to die

特に生き急いでいるわけではないし

何かに追われているわけでもないけど

20代までは死ぬことなんてほとんど考えたこともないし

家族を持ったり守るものができたり、死を身近に感じたりする年齢になってきたので

そんな思考になるタイミングなんだろうか

そして40代、50代になると、また違った思考になるんだろう

60代、70代も

子供はもちろん大切だ

息子も娘も同じ

しかしオトコとすると、息子に対して、という感情はちょっと違う

以前自分が話した事を仲間が覚えていて、この前そんな事言ってたじゃん?

と言ってまた話したのが

やっぱり息子が物心つく頃に、何を感じさせられるのか

という話で

エライ、とか金持ち、とかじゃなく(あるに越した事はないけど)

父親が本当に好きで誇りに思っている事を現在進行形でやっている、という瞬間に立ち会った、自分の遺伝子を引き継いだポコチン付きのヒューマンが

何を感じるのか

という事

それを感じた時に、「うぉおぉぉ」という例えようのない感情が湧いてくるはずで

俺もそういうの見つけたい、やりたいぜ

という気持ちになると信じてる

 

先日の休みの日に息子が

「パパこのずぼん、アフターズの?」

と、僕のデニムを見て言ってた

最近自分なりのカッコイイという基準を作り始めている息子

要所要所でそんな発言をする事にものすごく興奮する

表には出さないようにしてるけど、その後嫁やお客さんに話してしまう

親バカというやつか

息子が大きくなった時に、当たり前に父がそのデニムを穿いていられたら自分の人生は最高だったって感じだと思う

 

AFTERS DESIGN

AFTERS DESIGNはありとあらゆるデザインをしている

HPにUPされた制作事例は一部で、開店してもうすぐ1年だけど、多分毎日作ってきた(松モッティが)

ご依頼の仕事に加え、僕が考えるデザインや、イメージも形にするのは全てAFTERS松本

いつもかっこいいの作る

皆様是非とも

 

評価

下氷鉋パンツとAFTERSデニム

すごく好評

何かを出す、という事は良くも悪くも直接評価を受け

その後の店や自分にも影響を及ぼすので

カッコ悪いの出したらやっぱりダサいと評価されるわけで

そういうもんだ

しかし高く評価してもらえて、こうやって喜んでもらえると嬉しいし

何よりさらに成長せざるをえなくなる


めっちゃくちゃカッコいいすみさん

二児の父であり人柄も生き方も、カッコいい

表面的なカッコ良さだけじゃない、やっぱりこういう人から学ぶ事はたくさんある

彼女出来なくてどーしよーというAFTERS BOYは、こんどパイセンと話したらいい

8時半だってのにがっつり30分遅れて来たトチローもありがとう

ピアノやった方がいいよ絶対


あゆみさんもありがとうございます

めちゃくちゃ似合ってましたデニムも下氷鉋も

これからも子育て色々教えて下さい


みゆきちゃんもありがとう

気に入ってもらえて良かった

イベントも予定合えば来てねっ

他にも沢山の方々に気に入ってもらえて評価していただけたので

また少しだけ積み上げる事が出来た

そんでもって目標にまた少しだけ近づいた感じ

洋服は暗いニュースの方が多いけど、自分にはこういう評価が明るいニュース