創り出すのは

大変

カルチャー、と一言で言ってもすごく曖昧な感じで

地域ごとに様々な文化があって、細分化していくとすごく独自のカルチャーがあるのだと思う

カルチャーってかっこ良く皆言うが、それは文化のことで、文化、と言うのも様々な定義があるので難しい

しかし、それはまだ人間の知恵によるもので形成されると思うし

さらに場所、と言うものが必要になると自分では思っているので

実在しないものに、それは作れないと思っている

しかしながら、世界で一番すごい人や、世界で一番かっこいいモノに数秒でアクセスできるこの時代に

そういう情報が一番好きな年齢の人たちが集まっていると

地域のスポーツはいつ行ってもイケてる若者が誰もいなくてオバチャマオジちゃまばっかりとか(面白くないから、とか)

逆にチケット高えし、とか言ってるけど自分たちがやってるイベントは1500円払ってもエンターテイメント性全くないとか

お客さんは同じだから

その時数千円支払っても、一番楽しそうなところに行く

だからやっぱり、とにかく長くやり続けている人たちと、新しいものがいい反応を起こせるような事がいいな〜と思う

そういう場所作りをコツコツできたら

 

 

いよいよ消費税10%決まった

1万円が10800円から11000円か

1ヶ月に仮に生活費で10万円だったら2千円上がる感じ

でも電話料金格安になればそんなに変わんないし、公共料金とかもっと下がる気もするし

そんなに町の人の不安なインタビューとか報道しなきゃいいのに

 

来月

来月、今度は下氷鉋店がリニューアル

ほんとにただの頭の中のイメージから、ここにたどり着くのに2年

超大変だけど、もう少しでイメージに近づきそうなのでやるしかない

本日も有難うございました

 

株式会社AFTERS

試行錯誤しながらコツコツ、バタバタやって来たAFTERS STORE

OPEN当初、飲食店許可を取り、デザイン事業もスタートし、オリジナルの生産も始め、いろんな事に挑戦しまくった、というか全部やった

そして自分たちの存在意義はなんなんだろうなぁ と考えた結果

こういう形にすることになった

社名も別に普通にAFTERS

AFTERSはMADE BY TEAMなので

それぞれのメンバーがそれぞれ活躍していて、それをひとえに例えるならばAFTERS

もともと必需品でなく、嗜好品

そんな名前の、好きなことをどうにか仕事にして生きて行くことを選んだ仲間達を、たまに見守って頂けたら嬉しいです

やりたくない事=仕事

ではなくて、やりたくてしょうがない事=仕事

をこれからも死ぬまでやってみようと思っている

もちろん服屋だが、AFTERS DESIGN、デザイン事業部の長はMotti、そしてもう少しそれぞれの担当部門がこれから増える

松モッティと2人で始めたAFTERS

まだまだこれからだけど、やらなきゃいけないことが既に沢山あるので

そこに向かってひたすら頑張ろう

よろしくどうぞ

 

 

ヘビー級の

お話をすることも多い

結構、「お店」という空間ではあまり話すような会話ではない、踏み込んだヘビー級の会話も良くする

僕は自分のことも全部話すし、お客さんも色々話してくださる

それは今に始まったことではなく、昔からずっとそうだった

ON、OFFとか プライベートとか、全く興味がない

長い人は知ってるから、僕がいつどこで何してようが連絡してくるし、普通に返信する

休みなのに大変だね〜 みたいな、なんの役にも立たない不毛な会話はほとんどしない

おっきな会社さんだったらブラックとか言われるんだろうけどIDGF

昨日もそんな話をたくさんした

そしてお互い頑張りましょうね!と別れる

自分はその人たちが超テンション上がるような、カッコイイものを作ったり並べたり、面白いお店を作るのが仕事

今流行りの着こなしを提案する、という仕事は特にしてない

洋服屋が全部、今はやりの着こなしを提案するファッションアドバイザーだ、という世間一般のイメージもあるんだろうけども

そういうのは雑誌とかスタイリストという仕事の人の情報を見れば良いと思う

お客さんが100人いたら、100通りのいろんな悩みや、現状もあるけど

会話、対話することで、何か楽になったり勇気が湧いたりする事もある

それはお客さんだけじゃなくて、自分もそうなので

やっぱりお客さんに作ってもらってるお店、ということなんだな〜と思った

本日もお待ちしてます

 

箱と物

最先端のテクノロジーで開発されるもの以外で、その過程が斬新だったとしても

服は結局、生地を縫い合わせたりしたもの

無縫製も増えてるし、採寸しパターンオーダーもできるけど

でも結局服

昨日久々にモールに行ったけど、どこのお店も同じものがnameだけ変えられて置いてあって

それがしまむらさんにあっても、大手セレクトショップにあっても全く変わんない

もはや違うのは箱だけだ

前からそうだけどここ1年くらいで一気にそうなった

相変わらず缶コーヒーもウマいけど、AFTERSのコーヒーもウマい

どっちもコーヒーだけど、缶コーヒーのいいところはやっぱ「缶」だと思う

あのクシャッてプルタブを開ける音とか、手のひらにおさまる心地よさとか

男っぽいとことか

だからこれからも缶コーヒーは飲むだろなぁ

10月から

ちょっと変わる

2018年は1年中、なんかしら変化しまくってた

でもきっと来年も再来年もそう

気が休まる事は一生ないだろうし

やりたいことが尽きることも今の所絶対ない

本当は今日だったはずの、明日は息子の運動会

また中止にならなければいいけど

まさに

求められているのは

デザイナーMottiのデザイン、グラフィックを乗せた服

kenchoのスタイリングした服、コラボレーションした服

AFTERSが生み出した服

トータスコーヒ-さんに焙煎してもらったコーヒーの味

e&eのトシが縫った服

eMunの山崎さんのハンドメイドアクセ

Muuさんの作品

ボールを蹴ることによって生まれる服

魚を釣ることで生まれた服

僕らが好きな音楽

 

共通しているのは、すべて手の中だということ

自分の手を飛び出していないということ

そういう事

あの店員さん

IDGF PANTSがすごく人気

今日は駅前店だったけど、kenchoが愛用しているのを知っていて

「あの店員さんが履いてるの見てマジかっこ良くて」

と言ってくれたお客さんが

これだねkencho

AFTERSに入った時、誰もが若いねぇと言い、駅前店を出す時、誰もがkenchoくん経験浅いけど大丈夫?と心配してくれた

でも僕はkenchoの感覚を信じているし、感性を持たせてくださったkenchoのご両親に感謝しつつ

こうして立派に伸び続けてる

自分がオススメして、かっこいいね!と言ってもらえるのももちろんビクつくくらい嬉しいけど

今日のこの瞬間は、また違った最高な嬉しさが

そしてああ見えて、根が真面目なところが良い

一人でいる時が多くて、ボスがいない時でもだれることなく、掃除もきっちりしているよ、という外部からの目撃情報も 笑

自分も21の時、路面店にいた際にたまたまその日休みだった上司が車で午後店の前を通った際に、僕がガラスケースを黙々と拭いていたのを見て

翌日「超真面目だね!」と言われた

いや、普通だろと思っていた

ビルにいた時も、営業中スタッフみんなで雑談する時間があんまり好きじゃなくて一人黙々と棚の整理とかしてた

仕事しにきてるんだ、みたいな気持ちだったと思う

あんまり話すのが得意じゃない、というのもあったけど

でも、今思えばそんなスタンスの自分で良かったと15年くらい経ってから思う

でも外でタバコも吸ってたし、朝まで飲んでひっくり返って駐車場の車輪止めで寝て遅刻したこともあるから偉そうなことは言えないけど

まだまだバッチバチに頑張りますAFTERS

パンツかっこいいんで是非

 

ズルムケ

今週は月、火はジムで走って

水曜はみっちりフットサルやって

昨日の定休日は嫁さんとご飯食べ行ってからカフェ行って

今日もフットサルで

明後日試合

なんていう1週間だ

おかげで足の皮がズルムケで痛い

体も疲労が溜まってるのがわかる

でも、すごくいい感じ

体の回復は遅くても、脳みそが割とシャキッとしてる

kenchoもガンガン滑ってるし

そういうのが最高

スポーツは、誰も助けてくれないし自分次第なので、それが全てとは思わないけれど僕らにとってはとてもいいことだと思って取り組んでいる

相変わらず独自のペースだけどずっと続けていくと決めている

しかもメンバーとか繋がっている人と現場やお店で話すのとかもイイ

MuuさんのMaria ShirtsをアメリカのINK MASTER審査員の方が着ているというNEWSをみた

人種も性別もジャンルなど、そういうものを超越したデザインだと思う

AFTERSの方々はみんな好きだし

もっといろんな人間に見て欲しいなぁと思う

9月にはまたお知らせがあるのでお楽しみに