だいたいファミレス

今日のAFTERSのMotti Blog、かなり熱盛り

男なんてのは、一生死ぬまで働くもんだからやるっきゃない

でも仕事してる時間なんて、1日の1/3程度だ

2/3は寝たり、食ったり、仕事以外で過ごす

自分は先週まで1ヶ月休んでなかった

こんなこと別にかっこよくも何もなく、労働基準法に反してるがオーナーだから別にいい

ただ先日「ちょっとくたびれたかなぁ」と朝自宅で呟いてしまい

「オーナーなんてそんなもんだろが甘ったれんな」

と嫁に怒られた

さすが、うちの嫁

あなたのおかげで僕はこうして生きていけます

しかしMotti

彼が19の時からほぼ毎日一緒にいるから、もう18年も一緒にいることになる

多分、というか休みもほぼ関係なく作りまくり、店に立ち、また作る

もう全力、全開

自分は当たり前だけど、目があいた瞬間から、寝る直前までAFTERSのことを考えてエキサイトしている

それは24の時に、会社員だった時に「もう明日からこの1年メタクソにやったる、それで何も生み出せないなら辞めるしかない」

と腹くくってから今までずっと同じ 爆

俺とMottiが2人でひたすら作り続けてきたところにkenchoが来てくれて、GMが来てくれた

僕らはごく普通のSHOP STAFFにはなれなくて、ある意味社会不適合者かもしれないし、快楽主義かもしれないけど

kenchoも1年やっと経つか、というくらいでとんでも無く変わった

AFTERSの1年前のBlogとか見てもらうと僕は、ヴァイブスが合うからきっとグルーヴィーだ

と言っている

kenchoを誘った時はデニーズで担々麺

GMを誘った時はココスでグリーンカレー

だいたいファミレスか 爆

でもヴァイブスはとても、というか一番大事

それを見抜くのは、自分の唯一の才能ではないか、と思っている

中学1年の時に熊谷先生に言われた事が、何だかわかったような気がした

聞いたら今は安曇野で校長先生をしているらしい

4人になったAFTERS、普通の常識をはりめぐらせる規模でも段階でもない

メタクソに、やれるところまで全員で頑張る

そしてメタクソに頑張るその先は、お客さんが「いいじゃんそれ」と言ってくださるかどうか

LUZとAFのコラボTが明日出るけど

0からこれ出すまで並大抵じゃないぞ

お金積んだって、上手いこと言ったってできないんだ

馴れ合いではない、常に勝負、フットサルの試合だってそう

自分のベストを尽くして、4年目があるか保証はないけどAFTERS頑張ります

明日は是非寄ってください

 

 

 

 

求められているのは

デザイナーMottiのデザイン、グラフィックを乗せた服

kenchoのスタイリングした服、コラボレーションした服

AFTERSが生み出した服

トータスコーヒ-さんに焙煎してもらったコーヒーの味

e&eのトシが縫った服

eMunの山崎さんのハンドメイドアクセ

Muuさんの作品

ボールを蹴ることによって生まれる服

魚を釣ることで生まれた服

僕らが好きな音楽

 

共通しているのは、すべて手の中だということ

自分の手を飛び出していないということ

そういう事

NAGANO CITY

出たばっかのNEW NAGANO CITY

デザインも一新、チャンピオンBODYでしかも4,320円

安い

正直利幅は少なすぎるくらい少ない

でももう残りわずか

仕事で長野に来ていた通りすがりの男性が、ウインドーで立ち止まり、かっこいいね!と購入してくれるケースやお土産に、というケースがOPENして1週間だけど何人も

さらに外人さんは90%くらいの確率で立ち止まって写真撮ってく人もいる

大人気の信州Tもそう(再生産中)

しばらく流れを感じるまでは一日中駅前、下氷鉋行ったり来たりで

ちょっと久々腰の痛みが倍増してきた

あったまきたから明日もジムで走りまくろう

少しづつ駅前と本店の役割が見えてくる頃だと思うので、日々集中

あ、来週からAFTERSのイベントが復活

場所は兼ねてからお世話になっていたDJ BAR ROOTSさん

DJは僕、(booknoid)motti、kencho

初回は1d分の500yenで入場料はfree

よろしくどうぞ

 

AFTERS STORE駅前店

洋服が好きで好きで、気が付いたらお客さんが喜ぶことが好きだった、みたいな所を経て、結局最後も洋服好きだった奴らがやるお店

ということでAFTERS STORE 長野駅前店OPEN

5/19(土)に予定

 

開店の理由は

よし家の隣だから

そして

kenchoの家が近いから

です

 

MADE BY TEAM

 

やり方

自分のやり方、というのは

はっきりしているようで、そうでもない、まさに感覚のようなもので

それはどんなお仕事の方にも当てはまると思う

寿司を握る前に触れるオシボリの触り方とか

レジの打ち方とか

ボタンを押す強さとか、指の形とか

仕事着の着方とか

ハサミの持ち方とか

そういうのが割と好きで昔から気になってよく見てしまう

人の特徴を見るのが好き

 

でも時に自分のやり方を曲げなくてはならない時もあって

それが上司の為に曲げなくてはならない時と、組織や需要の為に曲げなくてはならない時では大きく違う

できるだけ自分たちのやり方で、お客さんを楽しませたいのがAFTERS

だから今までにないやり方で

突き上げて北へ牛がジャンプ

牛に引かれて

むかしむかし

長野に住んでいた、ミーハーかつ欲深い人々が

さらしていた自分のファストファッションの服を隣の家の牛がツノに引っ掛けて走り出したのを見て

その牛を追っていくうちにAFTERSにたどり着き

ファッキン最高な洋服達に感銘を受け

それ以来、最先端でいると思っていたらその他大勢になっていた自分に気付き

自分が本当に着たい服を着るようになりました

突き上げて北へ

BULL-BAITING

MADE BY TEAM

 

2018

本日より初売り

大晦日は自宅で、元旦は嫁さんの実家で

毎年のルーティーン

また今年もお正月感が薄くなって来たような気がしている

自分の中だけなのか、全体的にそうなのかはわかんないけど

2017はとにかくいろんな事に挑戦し、投資してきたので何にも残ってないけど 笑

足場が少しできたような感覚を持っている

2018はやらなきゃいけない事がもう決まってるので、やるだけ

9時から5時の仕事が出来ない僕らのパフォーマンス

本年度もよろしくお願いします

下氷鉋FATIGUEPANTS

ついに本日発売

下氷鉋FATIGUEPANTS

e&eのトシと作る、精神をすり減らして産み出すシリーズ

ILLなPANTS

シャツも半端なく良かったが、パンツも最高

いくら工場で縫っても、その道何十年の縫い子さんがいたとしても、

価値観や感覚の共有は難しい

そのヴァイブスが重なり、グルーヴが産まれる

それがこの服

だからカッコイイのだ

DJもイベントも店も友達もスポーツも家族も組織も政治も教育も

全てにおいて共通していること

グルーヴィー

昨日はフットサルの練習、人数は5人しかいなかったけど、考えながら皆で練習した

最高に気持ちよかったし、いい感じだった

何故ならグルーヴィーだからだ

パンツの詳細は後ほど

LOVEBUM

再入荷しても相変わらず人気のBASIのLOVEBUM

最近だと、これを聴きながら実際に和歌山方面向いてる時があったりする方がいたり

3児のママが買いに来てくれたり

そんなラップアルバムだから最高

音楽は自由だけど、好みはあって、それをある意味押し付ける様な時もあるけど

AFTERSでLOVEBUMが人気

という現実こそが、全てを物語っていると思っている

3児を育てながらも、普通にニコニコしながら3人連れてお店に来てくれて、しかもかわいいし、ラップアルバムを買って行くママ

これってなかなか出来ないし

さらにラップを聴こう、という気持ちの余裕&好奇心

AFTERSSTOREに来てくれてるお客さん達は凄いな、と自分が刺激をうける いつも

しかしある意味少しの時間を、強烈に楽しむ術を知っているAFTERSのお客さん達に

反社会的なラップや自分のHOODの話のラップや、人を口撃するラップはあまりすすめない

だからBASIのLOVEBUMなのだ

そんな方々の貴重な1時間が、いいラップでうまりますように

FC AFTERS

先日mottiが編集し、僕がBEATを作ってFC AFTERSのテーマを作った

これを誰に見て欲しいかというと、やっぱりAFTERSに着てくれるお客さんだ

別にフットサルをやっている方とか、音楽をやっている人にアピールしているわけではない

FC AFTERSはこの春から長野市のリーグに加入する予定で、そのリーグはエンジョイという割とレベルのそこまで高くないリーグだ

でもずっとやってきたバスケでも、好きなスケートボードでも音楽でもなく、

一番経験の浅いフットサルでそんな挑戦をするのは、なぜなのか自分でもよくわからないけど

とにかく楽しみだ

長野市のAFTERS STOREがフットサルチームを持っているなんて素敵じゃないか

そしてできれば、お店に着てくれる方々に応援して欲しいと思うし、

興味を持ってもらえたら嬉しい

そこが一番大事

だからこの動画とビートを作った

いつか入りたいと言ってくれる人が来てくれたら嬉しいな

応援よろしくお願いします