2勝目

長野市リーグの試合が朝からあり、2勝目

思いっきり負け越してるけど、やはり勝つと嬉しい

自分はチームスポーツしかしてこなかったけど、やっぱり個人スポーツより好きだ

色々理由はあるけど、あのコート内で大人達が戦う感じがいいし

うまくいかないと、仲間と話し合うし

やられた時のあの悔しい感じとか

全てひっくるめていい

なんかと比較してしまうと、楽しくやってるだけだね、とも捉えられるが

松モッティに、当時のnaturalthingCENTRALで

「来週からフットサルやろうぜ」

と言った日

いつもそれと今を比べるようにしている

そうすると、進歩しかなくて、最高だ

人と比較するのもいいが、まず自分をちゃんと見れば良いといつも思う

明日もフットサルの練習

頑張ろう

機能美

今日再入荷した

速乾で光るTEAM T

超人気

最近の洋服はとにかくハイテク

しかし実際自分はそこまでハイテクな数値には興味がない

これだけ暑いから作ったけど、「薄着だから快適」という解釈ではない事は確か

だって僕らのような男は裸にコレ一枚で、涼しくていいわ〜

で、綿100だともう暑いっすね〜

とか言いがちなんだが、いや、もう裸でもそんなに変わんないんじゃないか?と思う

いくら薄着でも、汗が車のシートに着くと不快だし、だったら長袖と長いパンツ履いてた方が快適だろうし、薄くて涼しい=すべて快適 とは言えないのだ

今回のは、いかに速乾のTシャツと感じないか、だけで出した

だからいい

快適さだけを求めるならAFTERSのTEAM TよりもっといいTシャツがあるはず

その点、AF SMOOTH SHIRTなどの洋服は、そういったハイテク数値を語る事すら意味のない次元にいる

だから、着たいな、という洋服の中に、数値はあまり関係がないと思う

テクノロジーは人の感覚を広げて、しかも当たり前にするので

昨日はついに娘の長い髪を切った

いつものCamCamさんにて

ただ少し切っただけなのに、キュン死するくらい可愛い

一昨日は初めてパルセイロの試合を見に行った

楽しかったので今度は子供といきたいし、ビール飲みながら見たいと思った

 

営業電話


最近は少なくなったけど、営業電話は嫌なものだ

最近はカフェですよね?うちのサービスどうですか?

という電話がめちゃ来る

いや、カフェじゃないっすよというと

え?ほんとすか?

最近ホリエモンが良く言うように電話は最悪だ、と言うのが確かにそうだなあと思うようになった

最悪だったのが今週頭、アパレルメーカーの営業で

電話でウチは〇〇〇や〇〇〇〇の代理店でして、他にもこんなにたくさんのブランドの代理店です、という電話で今週展示会やるから是非来てくださいと

そんなに時間ないけどちょっとは見れるかなと思って、とりあえず資料mailして下さいと伝えたが、それから一切連絡無し

あれだけ長い時間話して、仕事中断して話したのにどういう事なのか

何がどうなってやっぱり資料送るのやめたのか、はたまた忘れちゃったのか

とにかくこのところ、営業されて何かがうまくいった試しが無い

必要とあらば、自ら取りに行くからだ

情報でも商品でもみんなそう

必要じゃないのに、情報を編集されて欲しくなるというのはもう無い

とりあえずあのメーカーには絶対行かない

今日は好きなデニムnudie jeansの展示会

夜はパルセイロの天皇杯、という名のスタッフ研修 笑

がんばろ

jean

GMが連れてきてくれたフランス出身のジャン

東京にいっちゃうそうで最後のフットサルだった

いつもガーッとやってバーッと帰って終わるけど

こういう体験も素晴らしい

また何処かで

ジャムも出たし

チーズと合わせるとホントうまい

次は夏酒、新作T、デニム

まだまだ沢山やる

終わりそう

下氷鉋シャツに続いて、e&eのトシと作った帽子がとても人気

先週、大人と子供サイズで30個発売したけど

どちらもあと5個くらいしかない

詳しく言うと、

帽子作りたい→色、素材決める→トシ縫う→刺繍を外注でする→トシ縫う→完成

こんな流れだが、なんせ全部「手」

そしてパターンもトシ

そしてお店で販売するのは俺たち

いろんな工程があって、皆さんの手に(頭?)に届く

トシが一人で考えて作るのも、もちろんカッコイイ

俺がお店に並べるのも、もちろんカッコイイやつを並べる

しかし、何故こんなにこの帽子が人気かというと

お互いをリスペクトして共作する、MADE BY TEAMだからだ

足し算じゃなくて、掛け算に近い感覚

だからどっちかの数字が低くなると、いいのが出来ない

要するに、お互い近しいバイブスでやれないとやっぱりダメだという事

次はパンツだ

長野市リーグ、初戦は2敗

僕は店番だったから、仲間が戻ってきて色々話してくれたが、やっぱり会場にいないからわかんない

もっとああすれば、次はこうしよう

と皆んなで話してる感じが、だいぶいい

MADE BY TEAM

FC AFTERS

先日mottiが編集し、僕がBEATを作ってFC AFTERSのテーマを作った

これを誰に見て欲しいかというと、やっぱりAFTERSに着てくれるお客さんだ

別にフットサルをやっている方とか、音楽をやっている人にアピールしているわけではない

FC AFTERSはこの春から長野市のリーグに加入する予定で、そのリーグはエンジョイという割とレベルのそこまで高くないリーグだ

でもずっとやってきたバスケでも、好きなスケートボードでも音楽でもなく、

一番経験の浅いフットサルでそんな挑戦をするのは、なぜなのか自分でもよくわからないけど

とにかく楽しみだ

長野市のAFTERS STOREがフットサルチームを持っているなんて素敵じゃないか

そしてできれば、お店に着てくれる方々に応援して欲しいと思うし、

興味を持ってもらえたら嬉しい

そこが一番大事

だからこの動画とビートを作った

いつか入りたいと言ってくれる人が来てくれたら嬉しいな

応援よろしくお願いします

FC AFTERSのテーマ

というビートを今作っている

AFTERSのフットサルチームの動画に載せるため


AFTERSのフットサルチームは

AFTERS STOREがサポートしていくチームで、おそらく見た目はチャラいチームに見えるだろう

特に強くなりたい、楽しければいい、スタイル重視だ

などという、ある種逃げ道は作らずに、瞬間瞬間で考えながらやっていく

どうしても、チーム、になると

方向性

とか

目標

とか決めたがるが、

そんなん決めなくても、勝ちたいに決まってるし、上手くなりたいに決まってるし、かっこいいスタイルでいたいに決まってる

もっと、その日の瞬間で何を感じるかの方が遥かに楽しいのに

だから自分達は、フリーな感じで、長くやりたい

楽しみだ

AFTERS STORE

AFTERS STORE

CENTRAL時代に、お客さん達と洋服を着て楽しむ場所をつくりたい一心でスタートしたイベント、AFTERS

当時、soundscapeという素晴らしいクラブで開催した

jazztronikの野崎さんに来てもらったり

それからレギュラーイベントになり、フットサルになり

洋服になり

店になる

僕が思うに洋服は、着る場所に着ていくべき行為を楽しむファッションもあるけど、

仕事や作業などから フッと飛び出て仲間と会ったり、食事したり、趣味に没頭したり、、

そんな皆さんなりの最高の時間に、寄り添うものだという思いが圧倒的に強い

頑張っておしゃれしてそこに行くのではなく

好きなその場所に行く時に自然に、カッコよく身につけていてほしい

そんな場所がクラブだったり、店だったり、、

AFTERSという言葉の意味も、そこにある

1番好きな靴はコンバースのALLSTAR

オシャレで履こうとしている人と、

?好きだから履いてるだけだよ?

その違いにグッときてしまう

そんな感じだ
ベースは15年、育ての親と僕は思っているworldwideincのボスに教えられた

社会に出てからコレしかやってないから、他の事はやろうと思わない

良いお店になっていけるように、コツコツ頑張ろうと思う

http://afters-nagano.jp/

フットサル


マツモッティの、どの瞬間なんでしょうか 笑

トラップかな?

昨日はチームスクラップスさんが来ていただいて、賑やかでバチバチなフットサル

疲労感が最高だった

たった2時間ちょいだけど、知らない大人同士がバチバチにフットサルやるなんて最高

良い時間だった

次回もがんばろう

参加はお気軽に〜

AFTERS


土曜日はAFTERS

始めた頃よりは人数も減ったり、モチベーションも低くなってきてて

なかなか盛り上がってません!爆

理由はたくさんあるんだろうけど、この春から色々リニューアルをはかっている

また面白い!と思うパーティーを独自に出来るように

次回は9月!

MADE BY TEAMでいこう
そして今夜はフットサル!


これはこれでリニューアルしながら、また新たな流れが出来てきている

3年も続くとはびっくり

まだまだがんばろう

今夜もバチバチで!