AFTERS STORE


下氷鉋店ではモニターでLUZのMOVIE
AFTERS COFFEEを飲みながらそんな世界観に触れてもらえたり、AFTERSのことも知ってもらえたら嬉しい
そんな「情報」を提供するというのがこのCOFFEE屋の目的でもある


これは駅前店のモニター
ちょっと小さいけどやっと付けれた
ここではASの映像やkenchoが携わるMVなど、オリジナルコンテンツを発信していく
カッコイイMVとか、好きな人の映像流すのはよくあるんだけど
自分がやりたいのはそんなことではなくて
AFTERSのオリジナルコンテンツでなくては意味がないと思ってる


そしてASの新作も駅前店に登場
この女の子の表情から何を感じるかは着る人に委ねます

とにかく慌ただしかったこの数ヶ月、ずっと落ち着かないけどそれでも1歩1歩着実に進んでいる

さらにさらに今週、やっとヤツが出る
半年ぶり?
自分の人生をかけて取り組んでいる店作り、そしてオリジナルコンテンツ
感じてもらえたら嬉しい



classicharvestEast

2019のclassicharvestEast
EastはAFTERS DESIGN監修のclassicharverstの別ライン
最近特に次のがいつ出るのか?
前回のスウェットパンツ買い逃してしまった、、
というありがたいお声をいただく

一番初期の記念すべきBLACKのスウェットパンツ
あれから全部始まった
いまだに履いてくださっている方々も多いので本当に嬉しい
始めた頃から想像したら、今みたいに一年中SALEでどこでも誰でもなんでも手に入って、もし買えなくてもまた2次流通で昔より手軽に、と洋服がなるとは想像していなかった
もちろんテクノロジーの進化は便利だしよいこと
しかしポイントは、このスウェットは相変わらずアナログな作り方で、人の肌に触れるととても気持ちよくて相変わらず皆さんに愛され続けているということ

そしてAFTERSでしか販売していないということ

今回のもとびきりかっこいい
もう少し待っててくださいね

DAY PARTY

今週末に久々にお店でPARTY

LUZ e SOMBRAの立ち上げに合わせて行う

AFTERSメンバーやお客さんに楽しんでもらえたらとても嬉しい

このスタートはいよいよ新しい取り組みが始まることでもある

関谷ことGMが入社したのも、AFTERSの活動をカルチャーとして根付かせて行くことを目的にしていて

さらに彼が一生ボールを蹴って働き、生きたいという強い気持ちから派生したものでもある

僕らは洋服、デザイン、音楽、フットサルなどそれぞれメンバーがそれぞれユニークであると思っていて

逆に言えば、今現在はそういったユニークな人でないとAFTERSのコアの部分は創っていけないと思っている

これは挑戦なので、やることに対していいとか凄いとかは全くなく、風が吹けば飛ぶような企業の毎年の挑戦

コーヒやBEER飲みながら楽しんでもらえたら嬉しいので是非来てくださいね

お店で何時間もDJやるなんて久々、AFTERS開店した最初の頃みたい

是非どうぞ

フィルター

今日は東京出張

合間に色々見て回ったけど

リアルとi phoneで見るフィルターがかかった、というか無加工でも画角を綺麗に綺麗にした写真でみるもののギャップがどんどん開いていて

webで見てたらすっごいかっこよかったけど実際見に行ったら、、、

という事

やっぱりいつの時代も、現場で肌で感じる空気感はある

やっぱり現場が一番

やっぱり自分たちもそうなったら終わりだ

でもwebで見ててかっこよかったけど実際見に行ったらもっとカッコ良かったらいいだろうなぁ

千駄ヶ谷のCANADA GOOSEではアジア系のお客さんがダウン5着買ってた

グローバルブランドに慣ればなるほど地方には合わないような風に見えた

四季とかも外需には多少関係ないだろうし

長野っぽい服って?

AFTERSで求められるものを追求することが一番だとまた色々考えた2日間だった

また今月もかっこいいの出す

しかし今日も感じたけど長野の人たちの待合室の荷物を置いて隣に人が来ないようにする行為

私鉄とかでも昔からよくある光景

それもまた県民性

あんまり良くないような気がするけど

最近はDC SHOESがまた欲しい、特にレガシー

高校の時はいててパクられた思い出のキックスが復刻してる

ああ欲しい

昨日も

一つ前進した

最近つくづく思うのだけど、自分たちの手の中で活動して行くのにどれだけ時間がかかるか

まだ5割くらい

今年の冬にはやっと、というくらい

何よりも難しいのは習慣

自分が十数年刷り込まれた経験や習慣を辞めるのが実は一番難しい

AFTERSは新しいことをたくさんやっているように見えるけど

そうではない

自分たちでコントロールできるところまであと半年

そしたらあと3年頑張る

しかしその昨日の新しいアイデアが具体的になる瞬間

その瞬間のワクワクというか、興奮はなかなか味わえないし

そこからは溢れるくらいまた出ちゃう

だから楽しい

よくお客さんに、好きなことやってていいな、と褒められるけど

謙遜せず楽しい人生だと思う

2019AW

2019SSが始まったばっかりだけど

世間では2019のAWの展示会が始まったりしてる

しかしAFTERSはもう自社企画のボリュームが取り扱いボリュームを超えた

なのでそこにかける時間がかなり増えている

AFTERSでも次の2019のAWの企画と打ち合わせを進めなくてはいけない時期だけどまだ具体的になってなかった

しかし今日は駅前店で1人

なぜだか駅前店にいると、いろいろ決まる

CLASSIC HARVEST East , AFTERS DENIMの企画がバッチリ決まった

これで打ち合わせに行こう

ストーリー

昨日は1ヶ月ぶりの休日

ちょっとだけ家族と過ごせて子供とお風呂はいって夕飯食べて超幸せだった

久々すぎだったので

AFTERSは洋服の販売、生産、デザイン事業、そしてこれからもうちょっとやることは増える

仲間は、それぞれやらなきゃいけないことが明確で

だからこそ一緒に頑張っている感じ

普通にみんなでおんなじ事やろう、とか僕が言い出したらすぐダメになるだろうと思うし

自分が何やればイイか、皆それぞれがわかっているから良い

お店の名前でもあるけど団体、チームの名前でもある

なんかみんなAFTERSなのでラモーンズみたい

AFTERS RYO , AFTERS MOTTI , AFTERS KENCHO , AFTERS GM

根本は、昔のある日、「AFTERS」という言葉を思いついたところから全てが始まってしまったので

そのストーリーみたいなのを今だに続けているような感じ

どうなっていくやら、と昼によし家のいつものを食べて腹いっぱいだったので

ちょっとだけ横になって考えたAFTERS駅前の天井

さて働こう

 

デザインの仕事

AFTERS DESIGNのお仕事で、AFTERSデザイナーのMottiが製作した

今日明日、長野市芸術館で行われるナチュラルムーブメント3-2-1第25回発表会

アートワークを全て担当させていただいた

もちろん打ち合わせから製作まで、全て松本が執り行い今日まで

僕は、「おおぉ」「いいねぇ〜」「これヤバイね」

しか言ってない

AFTERS STOREが開店し、デザインの仕事をやります!と言って事務所を作ってからまだ1年も経っていないがこうしてご依頼いただけることはとても光栄だし、7月は少し重なっていて大変だったけど

超頑張っていた

デザインといっても、グラフィックから洋服のデザイン、名刺、フライヤー、、実に様々なデザインがあるが

少しづつでも、Mottiのデザインがこうして世に出ていくことが、自分でも一番嬉しい

何年も前からそれを目指してきたので

その為にJAMがあったり、洋服があったり、お客さんへのDMだったり、日々の積み重ねで

こんなにかっこいいフライヤーを作れるデザイン事務所はAFTERS DESIGNしかないと思っている

そこは自画自賛でも良いと思っている

しかしまだまだヤる事は山積みで終わらず

頑張ろう

用の美

なんと数日前に長年お世話になっているFさんからコメントをいただいていたにもかかわらず、、本日気づくという大失態(ごめんなさい)

下記のような、大変素敵なコメントをいただいた

************************************

ご無沙汰です、⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎です。
覚えていますか?
いつも見てますよ、楽しそうに頑張っていますね。
チョット気になった記事なのでコメント残します。
「お前に云われなくても解ってるよ」って時はゴメンなさい。

リョウ君の考えって「用の美」って言って民藝の世界では昔から大切にしている言葉(思考?)です
機能美は合理的で無駄がない、用の美には何気ない無駄があった方が美しく感じられる。
実はそこが大切だったりします。
機能美で捨てられる装飾は「用の美」においては必要なパーツだったり、そのそれがあるから魅力があり永く愛される物になると思います。
そのような無駄も含めてのみんなに使って頂ける物を作り続けていけたら、長く商売出来るんじゃないかと・・・
リョウ君の考えっていいネ
って簡単にいえば言いたかっただけです。

僕の負けないように頑張ります❗️

 

*************************************

 

僕はもちろんこんな素敵な言葉は知らずに、考えて考えてひたすら今、自分のやるべきことをやらねばと必死でバタバタやっていたので

こんな機会に、ふっと立ち止まって自分の仕事を客観的に見るような気分になった

このコメントを下さった方は、民藝の世界に長きにわたり身を置く方

未だ見ていただけてたのだなぁ ということだけで嬉しかった

先人たちが残した言葉は研ぎ澄まされていて、自分は独自だ、と思い込んでいても実はその手の中で動いている、、というような感覚にさえなる

良い意味でだけど

自分に何ができて、これからも生きていけるかと思うことはよくあるが

MADE BY TEAM

少しでも、できるだけ、仲間と何かを作ったり、成し得て生きていけたらいいな

という気持ちは変わらない

今日も、4年前に何もないところから始めたフットサル

初勝利を収めた

とても嬉しい、幸せな日だった

そんな思いから、メンバーに来てもらうかっこいい服を作ることを今日決めた

その感覚がAFTERSの大事なところ

Fさんとてもいいお話ありがとうございました