自転車

息子が誕生日になるので何が欲しいかと聞いたら自転車とウルトラ怪獣

じゃあ13-vanguardに行こうと連絡したら丁度好みのが入荷したらしく即購入

いーなー 新しい自転車

まだ全然乗れないからこれから練習だ

興味持ってくれたら嬉しい

皆さんも子供の自転車は13-vanguardさんに行ってね、紹介しますから

カッコイイのありますよ

Too fast to live , Too young to die

特に生き急いでいるわけではないし

何かに追われているわけでもないけど

20代までは死ぬことなんてほとんど考えたこともないし

家族を持ったり守るものができたり、死を身近に感じたりする年齢になってきたので

そんな思考になるタイミングなんだろうか

そして40代、50代になると、また違った思考になるんだろう

60代、70代も

子供はもちろん大切だ

息子も娘も同じ

しかしオトコとすると、息子に対して、という感情はちょっと違う

以前自分が話した事を仲間が覚えていて、この前そんな事言ってたじゃん?

と言ってまた話したのが

やっぱり息子が物心つく頃に、何を感じさせられるのか

という話で

エライ、とか金持ち、とかじゃなく(あるに越した事はないけど)

父親が本当に好きで誇りに思っている事を現在進行形でやっている、という瞬間に立ち会った、自分の遺伝子を引き継いだポコチン付きのヒューマンが

何を感じるのか

という事

それを感じた時に、「うぉおぉぉ」という例えようのない感情が湧いてくるはずで

俺もそういうの見つけたい、やりたいぜ

という気持ちになると信じてる

 

先日の休みの日に息子が

「パパこのずぼん、アフターズの?」

と、僕のデニムを見て言ってた

最近自分なりのカッコイイという基準を作り始めている息子

要所要所でそんな発言をする事にものすごく興奮する

表には出さないようにしてるけど、その後嫁やお客さんに話してしまう

親バカというやつか

息子が大きくなった時に、当たり前に父がそのデニムを穿いていられたら自分の人生は最高だったって感じだと思う

 

AFTERS DESIGN

AFTERS DESIGNはありとあらゆるデザインをしている

HPにUPされた制作事例は一部で、開店してもうすぐ1年だけど、多分毎日作ってきた(松モッティが)

ご依頼の仕事に加え、僕が考えるデザインや、イメージも形にするのは全てAFTERS松本

いつもかっこいいの作る

皆様是非とも

 

評価

下氷鉋パンツとAFTERSデニム

すごく好評

何かを出す、という事は良くも悪くも直接評価を受け

その後の店や自分にも影響を及ぼすので

カッコ悪いの出したらやっぱりダサいと評価されるわけで

そういうもんだ

しかし高く評価してもらえて、こうやって喜んでもらえると嬉しいし

何よりさらに成長せざるをえなくなる


めっちゃくちゃカッコいいすみさん

二児の父であり人柄も生き方も、カッコいい

表面的なカッコ良さだけじゃない、やっぱりこういう人から学ぶ事はたくさんある

彼女出来なくてどーしよーというAFTERS BOYは、こんどパイセンと話したらいい

8時半だってのにがっつり30分遅れて来たトチローもありがとう

ピアノやった方がいいよ絶対


あゆみさんもありがとうございます

めちゃくちゃ似合ってましたデニムも下氷鉋も

これからも子育て色々教えて下さい


みゆきちゃんもありがとう

気に入ってもらえて良かった

イベントも予定合えば来てねっ

他にも沢山の方々に気に入ってもらえて評価していただけたので

また少しだけ積み上げる事が出来た

そんでもって目標にまた少しだけ近づいた感じ

洋服は暗いニュースの方が多いけど、自分にはこういう評価が明るいニュース

AFTERS DENIM 818

昨日下氷鉋パンツが出たばっかりなのに

先日AFTERS DENIM 113出したばっかりなのに

今日またAFTERS DENIM 818というスキニーバージョンが出る

うちみたいな、少数気鋭の小さな店は守りに入ったらあっという間に終わる

守れないから

昔、まあまあ、波風立てないで、といわれる時がたくさんあったが

自分にはそんなつもりは毛頭なく、挑戦しっぱなしでないと、なんだかつまらないからだ

うちにとって、この秋冬のAFTERS

デニムや下氷鉋シリーズ、Eastも、お店の内容も攻めまくりだ

それはある意味かなりリスキーという事

keep on movin’ & groovin’

 

下氷鉋FATIGUEPANTS

ついに本日発売

下氷鉋FATIGUEPANTS

e&eのトシと作る、精神をすり減らして産み出すシリーズ

ILLなPANTS

シャツも半端なく良かったが、パンツも最高

いくら工場で縫っても、その道何十年の縫い子さんがいたとしても、

価値観や感覚の共有は難しい

そのヴァイブスが重なり、グルーヴが産まれる

それがこの服

だからカッコイイのだ

DJもイベントも店も友達もスポーツも家族も組織も政治も教育も

全てにおいて共通していること

グルーヴィー

昨日はフットサルの練習、人数は5人しかいなかったけど、考えながら皆で練習した

最高に気持ちよかったし、いい感じだった

何故ならグルーヴィーだからだ

パンツの詳細は後ほど

NEXT EAST

EASTの企画も大詰め

またカッコイイのが出来そう

ヤバイなこれ
最近のゆったりなサイズ感は

和服から来ているとか、もちろんコレクションから来ているのもあるし、色々な説かあるが

単純に東京で洋服作る人たちの店に外人がたくさん来ているから

というのもあるんだろう

ユニバーサルサイズ

パンツはまだまだ細いけど、ワイドパンツはあんまり好きじゃない


けどAFTERSのデニムの太さはかなり時代に反してるサイズ感だけど好評だ

やっぱりみんながいいと言うからいい、という概念は終わりつつあるんだな

着実に

もうすぐ10月、11月になったらOPENしてもう1年だ

駅前から郊外に

CENTRALからAFTERSに

新しくなったから別に変わったわけではなく、昔から自分がやっていることは変わらない

ただ一つだけ決めていることがあって

僕は何か非凡な才能があるわけでもない、天才じゃないし、スポーツも、音楽もプロではないしファッションデザイナーでもない

じゃあ、そんな自分は何をしてお客さんに感動してもらえんのか

と自問自答、ずっとしていた

でも決めたことを諦めないという事だけは自分の才能だろうか、と気付いた時があった

それを繰り返してきたら、自分にしかできない、かつお客さんが感動してくれている事を、すごく少ないけど確かに、着実に積み重ねてきている

AFTERSで自分にしかできない事をやる、なおかつそれはお客さんがいいと思ってもらえる事を

という事

それの積み重ねが、デニムであり、Eastであり、オリジナルであり、店であり

1年前に比べて、どれだけ積み上げられてきたか、というのは自分がよくわかっている

そしてもちろん、事を成すには松モッティがいて、その他様々な方々の関わりのおかげで、という事は天才じゃない平凡な自分が一番よくわかっている

MADE BY TEAM

明日は朝早くから東京へ

AFTERS DENIM

発売から楽しみにしてました、と来てくれた方々

とても嬉しい

いくらデニムを作るといっても

拘ったからいいわけではないし

安いからいいわけではないし

ハイテクだからいいわけではないし

細いからいいわけではないし

太いからいいわけではないし

どこのブランドだからいいわけでもない

ただAFTERSのDENIMの何が好きかというと、

頭の中のイメージが具現化された、という事

そしてこれからも積み重ねていく服を作れた事が1番

その時だけの服を作るのは簡単だけど

これや、EASTは全く違う


EASTも、次のサンプルをチェック

これは自分の、AFTERSの新しいスタンダードになると思っている

積み重ねるデザイン